簡単に痩せる3つの方法

1.朝目覚めにコップ1杯の白湯をゆっくり飲む

朝はとかく忙しいですが、ゆっくり白湯を飲むことで、眠っている間の水分補給と下がった体温が温められます。

内臓からじんわり温め、代謝をあげることはダイエットには必須。
同時に胃腸に水分がわたることで、腸内環境が整えられ排便が促されます。
白湯だけで、デトックス出来るなんてとっても嬉しい!

一日の始まりエネルギーは必要です。ダイエットだからと朝食を抜かずに、しっかり頂きましょう。
野菜たっぷり具沢山のお味噌汁なんて身体は喜びそうですね。

2.口に入れる食べ物のカロリーを必ずチェック!

ダイエットを成功に導く最初入り口は、一日の摂取カロリーを決めておきましょう。

ちょっと小腹が空いた時のおやつ
最近コンビニでよく見かける焼き立てドーナツも約300kcalはあります
外食時の摂取カロリーはこの本を大方暗記しておくと良いですよ。

ハンバーグ定食なんて930kcal!!
食品を購入する際は必ず裏面のカロリーをチェックしましょう。
ダイエット中身体に良いとされる、アーモンドでも気をつけないと、15粒だとやく140kcal、一日の摂取カロリー計算にいれることを忘れずにいましょう。

ケーキは別腹なんてないですよ!同じ所に納まっています。
要はどんなに良いとされるダイエットメニューでも食べ過ぎては結果がでません。
例にすると1本100Kcalのカロリーメイトを、早食いで2本食べるのと、ゆっくり1本食べるのとでは、満腹感においても摂取カロリーにおいても、ゆっくり1本にこだわるほうが効果が出るでしょう・

一般女性の平均摂取カロリーは1700kcal〜2000kcal
2000kcal摂取出来る人の職業は立ち仕事や営業で歩きまわる人のようです。
デスクワークに従事している人や主婦は1700kcalが目安。

ダイエットをしたい人はそこからの引き算が必要ですが、朝食、昼食、夕食を抜くのではなく、栄養素を考慮してバランスよく、食事を調整してゆかないと、体調に影響がでてきます。
無理なダイエットでいらいらしたり肌荒れや髪の毛が薄くなってくるなんて悲しすぎます。

3.食事は19時までに!

いくら食事制限をしていても、夜食の癖を止めないと結果はでないでしょう。 規則正しく時間を決めた食生活を身体のリズムも整えてくれます。

眠るのにエネルギーは必要ないので炭水化物は控え、野菜・魚・肉・大豆・海藻類をしっかり食べましょう。

眠るまでに口寂しくなったら、眠っている間に身体の中が綺麗になることをイメージして白湯を飲みましょう。
お腹が空いて眠れない人は低脂肪のヨーグルトをいただきます。
乳製品ですから眠りに良いトリプトファンもたっぷり含まれています。

一見するととても難しい3条件のようですが、習慣にしてしまうと一生もの。
とくにカロリーを数字で意識するのは大切なことです。
サラダにかけるドレッシングも意外と高カロリーだったりします。
スナック菓子も食べだしたら止めれなくなるので、数字でセーブするのが良い方法です。

食事制限をしたからといって、身体を全く動かさないのはもったいない。
軽いストレッチからウォーキング、ランニングと少しづつ肉体も鍛えてゆきましょう。
腹筋や大腰筋などの筋肉を味方にすると代謝が上がるので、美しいラインとエネルギーが燃えやすい体質に変わってゆきます。

美にこだわる女性たちがだれもが口にすること!

美は睡眠がカギを握る

夕食の時間を早めに決めているので、眠りに付く時間もだんだんと決まってきます。

1日がんばったダイエット生活の締めは、眠っている間の成長ホルモンをたっぷり分泌させてダイエット効果をあげてゆきましょう。
イライラしたり、肌が荒れのトラブルを抱えながらのダイエットは楽しくありません。

しっかり眠っている人の肌通つやはとても綺麗です。 そこでおすすめなのが!!

グーグーライフさんのクワンソウサプリメント美睡
眠る前の美味しい美睡ゼリー(1本16kcal)は、一日の終わりのご褒美と睡眠ダイエットの味方!!

クワンソウは沖縄で眠り草と呼ばれている伝統島野菜
その野菜のエキスを2000mgたっぷり含んだマンゴー味の美味しいゼリー